災害時非常用備蓄米「備蓄王」

備蓄王の優れた特徴

①酸化防止 ②劣化防止 ③長期保存 ④殺菌効果 ⑤環境保護 ⑥水の節約
日本人は、縄文の昔から米を主食とし、「米の文化」を培ってきました。
その間、現代に至るまで「米は洗って炊くもの」「古米は美味しくない」「虫やカビがわくのは仕方がない」という認識が一般化し、「とぎ汁」による河川の汚濁を許し、膨大な経費をかけて低温倉庫が建てられてきました。
そこで、BG無洗米を冬眠米加工(炭酸ガス封入密着包装)し、洗わずに炊けるBG無洗米の利便性と、冬眠米の保存性の高さを生かして、災害時の保存食としての全ての用途を兼ね備えた、夢の保存食「備蓄王」を開発しました。



備蓄王は、さまざまな用途に合わせて、
安心・安全をご提供いたします。

・いざという時の災害用に備蓄米は優れています。

いつ発生するかわからないのが、災害。イザという時のために、 食糧を確保しておくことは、家庭でも企業でも重要なことです。 とがずに炊けて、長期保存が可能な「備蓄王」を用意して、災害に備えましょう。

・海外支店の社員の方や海外にお住まいの方に。
◎とぎ汁不要で貴重な水を節約。
◎石灰分の多い水道の水で、お米を洗う必要がありません。
◎環境保護にも配慮。(とぎ汁による汚水が出ません)
◎長期保存が可能なため、一度に大量にまとめて輸送することができます。
◎虫やカビの心配もありません。
◎海外に支店を持つ、企業様のまとめ買いに最適です。

・船舶用の食糧に最適です。
◎長い航海でも安心。
◎多めに積んでも、品質が低下せずムダなく美味しく食べられます。
◎食材管理が効率よくスムーズに行えます。
◎とぎ水不要で貴重な水を節約。
◎環境保護にも配慮。(とぎ水による汚水が出ません)
◎虫やカビの心配もありません。

・水を貴重とする山小屋に。
◎とぎ水不要で貴重な水を節約。(平均的な山小屋で1シーズン約30t節約可能)
◎環境保護にも配慮。(とぎ水による汚水が出ません)
◎長期保存が可能なため荷上げ回数を減らせます。
◎ヘリポートまで直接納品いたします。(地域限定)
◎虫やカビの心配もありません。


冬眠米(炭酸ガス封入密着包装法)とは?

冬眠米とは、京都大学名誉教授で平成6年に文化勲章を受章された満田久輝先生が開発された「炭酸ガス封入密着包装法」により加工されたお米のことです。
冬眠米の命名は、動物の冬眠に炭酸ガスが深く係わっていることにヒントを得て穀物の新しい保存法に炭酸ガスを使用したことに始まっています。
ガスバリア性の高い特殊な米袋に炭酸ガスを封入して熱シールし、袋の中の空気を炭酸ガスに置換しているため、米に含まれるタンパク質が炭酸ガスを吸収し、カチカチの真空状態になっています。

・酸素と炭酸ガスを置換することにより、酸化を抑え、新陳代謝や呼吸作用の抑制により お米の劣化を防ぎ、長期間の保存が可能です。(約5年間
・炭酸ガスの殺菌作用により、常温で約5年間放置しても虫やカビの発生はありません。
(財団法人 日本食品分析センターで検査済み)
・冬眠米専用のガスバリア性の高い特殊な袋を使用して、中に酸素が入らないよう工夫してあります。



冬眠米専用袋に封入し、専用箱でお届けします。

(特殊な素材を使いバリア性の高い品質です)
使用原料:平成27年産 複数原料米
○約5年間の長期保存が可能になります。
○とぎ水不要で貴重な水を節約できます。
○環境にやさしいBG無洗米です。
○冬眠米だから、虫やカビなどのご心配はありません。
保存方法:使用していただくまで箱のまま温度の低い場所で保存してください。